« 今読んでいるのは | トップページ | アプローズ »

2017年11月29日

藤沢市民オペラ 「トスカ」

014f3ce72e662444d7a0c75924203b45f9c久し振りに 藤沢市民オペラの公演に出掛けてきた

藤沢市には、2〜3年毎に藤沢市民オペラが開催される
1973年に市民会館開館5周年を記念してスタートした「藤沢市民オペラ」は今年で23回目となる

私は初期の頃には毎回の様に出掛けていたが、最近は忙しさに足が遠のいていた。
初期の頃は日本語上演もあり、試行錯誤の感もあったが、久し振りに観た藤沢市民オペラは随分と洗練されていて、軽いショックを受けた

14年間も間が空いて、4作品も見逃してしまった!

ソリスト達は藤原歌劇団や二期会に所属する歌い手だが、オーケストラは藤沢市民交響楽団、合唱、藤沢市合唱連盟 と市民も参加している

トスカは 有名アリアのある演目で 私の好きなオペラのひとつ
舞台正面の席で聴くアリアは、実に心の琴線を揺さぶる

そして、目を見張ったのが舞台で、1800年のローマの雰囲気がよく出ていた
小道具や照明の使い方も効果的で、観ていても楽しめる演出だった

演出家は粟國淳

指揮は園田隆一郎

トスカ 佐藤康子
カヴァラドッシ 笛田博昭
スカルピア 黒田 博

休憩後3幕目に入る際のアナウンスに会場がざわめく。
カヴァラドッシ役の笛田さんが体調不良により、急遽 喜納響さんが代役を務める という。

0122d5aaa10481b5bdc20189838df3ff28a

どのタイミングで不調に気づき、降板を決意されたのか、わからないが、2幕目まで立派に役を務められていた
3幕目も有名なアリア(星はきらめき)や二重唱があるが、急遽舞台に上がった 喜納さんは代役を感じさせない熱唱でした。

アンコールの拍手は温かく、とても良い雰囲気の中会場を後にしました。

今から次回公演が楽しみです。

|

« 今読んでいるのは | トップページ | アプローズ »

湘南大好き♪ 藤沢♪」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今読んでいるのは | トップページ | アプローズ »