« 桃田 敗れる @17全日本選手権 | トップページ | 週末練習1202 »

2017年12月 3日

浅草むぎとろ本店でランチ

013274ba0ec6d6e6188277f4f7b99dc41ba浅草 麦とろ本店でランチしてきました。

麦とろは 昭和4年創業のむぎとろが名物のとろろ懐石料理店

平日は1階の1000円バイキングが人気だが、私達はランチ前に買い物で人混みに疲れていたので、2階のテーブル席で、御膳をいただく。

兄貴はとろろ彩膳(2800円税別)

1皿目の鮪の山かけから顔がほころんでしまう。

0190965f73e842d4c14cbfd4e8a9e1c99bc厳選された国内産大和芋に秘伝のだし汁を加えたとろろが本当においしい。

とろろ彩膳はとろろ尽くしのお料理が続く。

012c990c77cd0ff8d68c4f45a52b3af9fd5小鉢3皿、右奥が鶏肉と山芋の和え物、左奥がとろろ、手前が山芋のムース(のようなものだった)

山芋の磯部揚げも熱々でおいしかった

013a045ecc8748d5997f9407fcd7d78ccbd穴子の柳川鍋風
甘煮した穴子にごぼうの香りが食欲をそそる。
卵とじではなく、とろろとじ
熱々です

01c1c752c909117220f6a56a7d5728197f3

最後の〆は 茶そば

料理による温度差も楽しめ、柳川鍋の熱々の後に冷えた茶そばは実においしかった♪

この後デザートに抹茶アイスがついていました。

私はコロッケととろろ膳(2000円)を注文
コロッケにはとろろとチーズが入っていますが、ほくほくしながら、クリーム感もあっておいしかったです。

ただ、とろろ彩膳と一緒だと、一皿づつ料理がでてくるとろろ彩膳に合わすと待たされてしまうので、出来上がり順で料理を出してもらうのが良いかも・・・

私はとろろごはんを選択。
ご飯は麦飯がせいろに入ってでてきます。

0158a4407274c5e855b294bd02e0317dba9

それを各自 御碗に取りながらいただきます。

もちろん、満足のおいしさです。
いつも以上にご飯が進みます。

因みにせいろのご飯はお代わり自由だそうです。

2階は落ち着いた雰囲気の大正ロマン風なインテリア

窓も大きく明るい雰囲気です。
浅草寺駒形堂が隣にあり、窓側の席は駒形堂を眺めながら食事ができます。

サービスもとても丁寧で、お腹も心も温かくなります。
ついつい ビールまで頼んでしまいました♪

0113b90a726e9073b7118a7aeef446f3137浅草むぎとろ本店
台東区雷門2-2-4
0120-36-1066

11:00-16:00
17:00-22:30
(土日祝は通し営業)

会計をしたところ JAF会員にはお土産のサービスがあり、とろりんとう(とろろを使ったかりんとう)をいただきました。

|

« 桃田 敗れる @17全日本選手権 | トップページ | 週末練習1202 »

あしあと in 東京♪」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桃田 敗れる @17全日本選手権 | トップページ | 週末練習1202 »