« 週末練習0217 | トップページ | 平日練習0219 »

2018年2月18日

感動のワンシーン

普段ウインタースポーツではフィギュアスケートもしくはカーリング、スキージャンプを注目していた私(兄貴)。

現在平昌で行われている冬季五輪ではやはりこの競技を注目しているのですが、今回はスピードスケートの女子500m決勝での小平選手のレースに感動してしまいました。

我ながらミーハーだなと思いつつ観戦していたのですが、世界記録を持ち、五輪連覇を期待されていた韓国のイ・サンファ選手との一騎打ちとマスコミも持ち上げていました。

とはいえ、直近のW杯で負け無しの小平選手が勝つのではと勝手に思っていましたが、五輪では思わぬ力(プレッシャー)が選手を襲い…というのはよくある話で、そうなるのは嫌だなぁと思っていました。

ですがプレッシャーに押しつぶされそうな表情だったのは前回王者であるイ・サンファの方だった。

小平選手がオリンピック記録で暫定トップに立った後にイ・サンファがスタート。相手は日本の郷選手でした。

郷選手の頑張りが目立ちましたが、結果としてはイ・サンファが2位でゴール。そしてその後の最終組を終えて小平選手の優勝、イ・サンファが2位という決着を見たのです。

歓喜に揺れた日本応援団。国旗を持った小平は颯爽とウイニングかと思いましたが、まず向かったのが泣き崩れているイ・サンファの元に健闘を称えに向かったのです。

聞けばこの2人は親友だったんですね。ニュースなどの情報を見ると、この関係はお互いの家に招待したりするほどの良い関係だったと聞きます。

政治的な関係で日韓関係は仲の良くないもの、反発するものの様な表現が氾濫していますが、そんな中でこの2人が肩を抱き寄せてウイニングランをする姿は本当に胸をうちました。

お互いをよく知ること。尊敬すること。称えあえること。国家間の関係もこうなってもらいたいなと思うワンシーンでした。

|

« 週末練習0217 | トップページ | 平日練習0219 »

#スポーツ観戦席での独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末練習0217 | トップページ | 平日練習0219 »