« 浅田真央サンクスツアー@新潟 | トップページ | 大学練習試合0504 »

2018年5月 5日

宝くじで1億円当たった人の末路

*****ご注意! 一部ネタバレがあります! *****

「日経ビジネス」副編集者の鈴木信行著

タイトルから宝くじで1億円当てた人のその後を追う取材記かと思ったら、”宝くじで1億円当てた人”は24の(人生の)選択をした人の末路をその分野の専門家に意見を求め予想する。

タイトルの”宝くじを当てた人”、”キラキラネームの人”、”賃貸派の人”、”余生を田舎でのんびり暮らしたい人”、”グロイ漫画が好きな人”などなど、興味をそそるタイトルが並ぶ。

そして、ただ末路はこうなる・・・というだけでなく、そう考えるに至った経緯を現在の社会現象も含め専門家と語り合っていてなかなか興味深かった。

例えば、”宝くじを当てた人”の章に、どうして日本の家電メーカーはお掃除ロボットで海外のルンバに先を越されたか・・・がでてきます。

宝くじから、リスク・リターンの話になり、日本メーカーはお掃除ロボットが消し忘れた仏壇のロウソクを倒してしまう(→火事を起こす)リスクを重視したため、との下りもあります。

各章はコンパクトにまとまっていて、興味のある章だけを読むことも可能。

同意できない意見もあるかもしれない。
そんな考え・見方もあるんだと軽く読むには最適な本

|

« 浅田真央サンクスツアー@新潟 | トップページ | 大学練習試合0504 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浅田真央サンクスツアー@新潟 | トップページ | 大学練習試合0504 »