« 平日練習0628 | トップページ | 高橋大輔 現役復帰! »

2018年6月30日

男子バスケ日本代表 大金星♪

01ec06a57bf6125cbc87a1d3ce2a23d0bc8

サッカーワールドカップで日本代表が決勝トーナメントを決めたその夜

バスケファンが注目するワールドカップ関連試合がありました。
北京で2019に開催されるワールドカップの アジア地区1次予選です。

相手は世界ランキング10位で既に1次予選トップ通過を決めているオーストラリアです。

日本代表(世界ランキング48位)は格上相手のタフな試合に勝利を納めました♪
おめでとうございます。

強豪相手の大金星は、日本の1次予選初勝利でもあり、何より勝ったことが極めて価値のあることでした。

日本はここまで4戦全敗
残り2試合を残し、勝利以外は予選敗退が決まる崖っぷちの状態でした。

この試合の前に日本陣営には 八村塁選手(米・ゴンザカ大) と ニック・ファジーカス選手(帰化)の加入があり、いわば新生ジャパンとして試合に臨みました。

八村選手とファジーカス選手はゴール下の攻守の強さだけでなく、得点力も非常に高い。
前半のゾーンディフェンスも上手く機能し、序盤からリードを奪えたのが大きかった。

追い詰められる場面もあったものの、最後までパワーダウンすることなく戦いきりました。
これは、大きな自信になる勝利です。

とは言っても、7月2日の最終戦の対台湾に勝利しないと予選敗退で、今回の勝利も無駄になってしまいます。
このチームならやってくれると思いますが、試合はなにがあるかわからないもの。
我が家はライブストリーミングで応援する予定です。

深夜のフジテレビの録画放映
見直してもワクワクします。

しかし現役NBA2人を擁するオーストラリアは強かったですね。
振返っても よくぞ勝った・・・という感じです。

残り9.9秒で5点差の日本リード
相手フリースローではありますが、2本決められても3点差で日本が勝ったと思った

フリースロー1本決め、2本目をはずしリバウンドを得て3ポイントシュートを決めたのは流石でした。

残り0.4秒で1点差
ファールを含め日本にミスがでれば同点・逆転にもなるような状況で、最後までオーストラリアの執念と強さを感じました。

(2018.07.02追記)
日本代表は台湾との最終戦に勝利して、見事第一次予選を突破しました。
おめでとうございます♪
第2次予選は9月からスタート
厳しい戦いが続きますが、何が起こるかわからない。
勝てる試合は確実に獲っていきましょう。

同時に行われた同じリーグのオーストラリアとフィリピンは途中から大乱闘となってしまったそうです。
退場者続出で、フィリピンの選手が1名となる事態。
オーストラリア選手は身の危険を感じて大使館に連絡をしたとか。
グループ1,2位の両国に対して、なんらかの処分が下されるのでしょうか。

|

« 平日練習0628 | トップページ | 高橋大輔 現役復帰! »

#スポーツ観戦席での独り言」カテゴリの記事

#高校・大学バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平日練習0628 | トップページ | 高橋大輔 現役復帰! »