カテゴリー「#フィギュアスケートの観客席」の246件の記事

真央さんは唯一無二

2019年5月 6日

サイニチホールディングス杯

Sbsh0292 5日はフィギュアスケートの競技会 サイニチホールディングズ杯を観戦に 埼玉県上尾にある 埼玉アイスアリーナに行った

この大会は埼玉県スケート連盟が主催の競技会で、毎年この時期に開催されている
私は今回が初めての競技観戦ですが、場所は 高校バスケの観戦で来たことのあるさいたま水上公園敷地内にある

3日間に亘って開催された競技会は 無級レベルからシニアまでのカテゴリーで、連日朝7時開始の長丁場の日程だった
関係者のご尽力には敬服する

さて、私は主に男子ジュニアカテゴリを目当てに向かった

東日本ジュニアレベルを押し上げている 佐藤駿選手と三浦佳生選手のエントリーがあったからだ。
他にも 埼玉のジュニア男子を牽引している 大島光翔選手や 全中でトリプルアクセルを決めた東京の菊地竜生選手も名を連ねていた。

会場には 観客席も設けられていますが、既に満席状態
立見はリンク周回するかたちで可能だったので、これはこれで足元まで良く見えてよかったです。

来季の新プロを披露する選手、滑り納めのプログラムで挑戦する選手等いろいろですが、やはり練習と本番は違うのでしょうね。

続きを読む "サイニチホールディングス杯"

| | コメント (0)

2019年4月15日

またまたテレ朝 福岡開催なのに 相変わらずの録画放映

週末は フィギュアスケートのチームトロフィー(国別対抗戦)が福岡で開催された

木曜日からの4日間の日程で 参加チームは6か国

ペア、ダンスは各国1組、男女シングルは2名ずつの12名
シングルでも2グループの編成となる

午後から始まり シングルの試合は夕方から開始された

放映権はTV朝日

ゴールデンに番組を組み、初日は丁度 男子のショートプログラムの時間帯

なのに・・・・TV画面には 既に終了している女子のショート
「紀平選手は調子良さそう」とか事前情報流しているけど、もう結果は出ていてどうなったか知っていたし。

結局 男子の試合中に女子の試合を流し、男子が終った頃に 男子ショートを放送した。
福岡って時差ありましたっけ???

申し訳ないけど、ライブストリーミングを見つけて PCで試合を観てしまったわ。

以前だったら テレビの放送にすがるしかなかったけど、他のメディアで観戦できるようになったら、試合のライブ感ってとっても重要な要素だと思うのだけど。。。
どんな風に試合に向けて準備しているか、バックステージの様子も時には気になるけど、他国の選手の演技が終わる度に画面を切り替えられると試合の緊張感が途切れて全然試合に集中できなかった

緊張感とチーム戦ならではの温かさのある良い大会だっただけに、その面を放映しきれないTV朝日には今回もがっかり

前回の 時差放映の愚痴記事

| | コメント (0)

2019年3月25日

ネイサン選手 世界選手権2連覇

今年のフィギュアスケートの世界選手権
シングルス男子は 米国 ネイサン・チェン選手が高難度ジャンプを入れたプログラムをミスなく、上質な演技をし、2位の羽生選手を約23点上回る 合計323.42点で圧勝の2連覇を達した
ロシアの名選手 ヤグディン 以来の10代での連覇だそう

 

 

 

 

 

その予兆は1月の全米選手権でもあった
国内大会とはいえ、ショート 113.42、フリー 228.80 合計 342.22 の前代未聞の高得点を挙げ、フィギュアスケートウォッチャーで大きな話題となっていました。
私も Jsportsでライブ中継をみていましたが、ジャンプの精度、流れるスケーティング、ポージングの美しさ、淀みのないプログラムと驚嘆の出来栄えで、高得点も納得したものでした。

(Youtubeにある観客席からのホームビデオ(米国大会は撮影可のようです)

 

 

 

今大会の演技も全米に劣らず、とにかくミスをする気がしない安定感
跳べる4種類の4回転ジャンプのうち、跳んだのは3種類
ショートとフリーで違う趣向のプログラムを演じ分け、演技後をもまだまだ余力のある風情


 

 

決してひけらかす感じではありませんでしtが、優勝して当然のオーラがありました。


 

 

ネイサン選手はノービスの頃から注目をされていた選手で、ノービス時代は国内・国際大会で負けなしだったはず。
ジュニア時代も序盤は連勝を進んでいましたが、体の成長が始まるあたりから、成長痛・故障・トリプルアクセルに悩まされ、やや苦しい時期を過ごす。


しかし、オリンピック前年に見事な復活をとげ、シニアに参戦
平昌五輪ではショートのミスでメダル争いには絡まなかったものの、フリーでは1位でした




ネイサン選手の高難度ジャンプを複数組み入れたプログラムは 4回転を何度跳ぶかとワクワク注目させてくれるし、一方で高難度ジャンプを入れても ステップやスケーティングも魅力なプログラムを滑ってくれるので、とにかく演技をみていて楽しい。
唯一の弱点はトリプルアクセルを唯一苦手としている点だが、そのトリプルアクセルより高得点の4回転ジャンプを複数跳べるので、2本跳ぶ必要がないという、うらやましい実力の持ち主


私は長年観ているので、彼がまだ19歳というのをしばしば忘れてしまうけど、次の北京五輪まではまだまだ成長する姿をみせてくれると楽しみにしています。

 

 

 

 

 

続きを読む "ネイサン選手 世界選手権2連覇"

| | コメント (0)

2019年3月19日

クープドプランタン

今週末から フィギュアスケートの世界選手権が開催されます。
場所は 埼玉のスーパーアリーナ

世界選手権でフィギュアスケートの今シーズンは終わりになります
代表に選ばれなかった選手達は小さな大会に出場してシーズンを締めくくったり、早目に次シーズンに向けての準備に切り替えたりしています。

今週末ルクセンブルグで行われたクープドプランタン(プランタン杯)もB級大会のひとつ

この大会で ノービス男子 中村俊介選手、ノービス女子 手嶋里佳選手、ジュニア女子 渡辺倫果選手、シニアで出場した 三宅星南選手がそれぞれ優勝
出場した日本人選手 全員が優勝と それぞれのシーズンを終えました。

三宅選手は現在 ジュニアを主戦場としています。

ノービスで優勝、昨年のインターハイも高1で制覇した実力者ですが、今シーズンはジャンプの安定感を欠き苦しいシーズンとなってしまいました。

続きを読む "クープドプランタン"

| | コメント (0)

2019年3月17日

2019浅田真央サンクスツアー 群馬公演 

Dscf4295
今年も続く 浅田真央さんのサンクスツアー

群馬公演に行ってきました
場所は 前橋にある ALSOKぐんまアイスアリーナ

圏央道を使って車で行ってきました。
片道約2時間
臨時駐車場も準備され、最寄駅からは臨時バスも運行と、運営がしっかりされた公演でした。
リンクより外の群馬名物空っ風の方が冷たくて、外で案内して下さったスタッフの方々には感謝です。

2019年は昨年のツアーメンバーから姉の浅田舞さんが抜け、新たに 今井遙さんが加入
プログラムやソロパート、衣装とマイナーチェンジがあって、昨年とはまた違うアイスショーに仕上がっています。

公式プログラム(1000円)も新しくなりました。
掲載写真も多く、メンバーの意気込み、真央さんと無良さんの対談、ショー衣装の紹介等アイスショーの良い思い出になる仕上がりでした。

続きを読む "2019浅田真央サンクスツアー 群馬公演 "

| | コメント (0)

2019年2月27日

氷艶2019

2017年にフィギュアスケートと歌舞伎とのコラボが実現し、素晴らしい舞台となった 氷艶 (その時の観劇記

その氷艶の公式サイトがカウントダウンを始めて、期待が高まっていましたが、今週月曜日にファンの予想のはるか上をいく新しい企画 氷艶2019 が発表されました。

高橋大輔選手が主演で光源氏を演じる源氏物語

演出が宮本亜門さん、
共演に元宝塚星組トップの柚希礼音さん、 最近ミュージカル舞台での活躍が目覚ましい平原綾香さん、 福士誠治さん、波岡一喜さん

フィギュアスケーターでは荒川さんほか前回の氷艶メンバーのほか、海外から ステファン・ランビエールさんと ユリア・リプニツカヤさんの名前も。。。

リプニツカヤさんはソチ五輪で団体優勝に貢献、シングルでは惜しくも5位
その後体形変化や怪我で選手生活を10代で引退、その後自らアカデミーを立ち上げ、指導者の道を歩んでいる。
1月に日本でアカデミーの開催を行ったが、アイスショーとしては日本初のお目見えになるのではないでしょうか。

これが今回の発表内容で一番うれしいサプライズだったかも。
生でリプニツカヤさんのスケートをみてみたかったので、個人的にうれしすぎる。

もちろん 主演の高橋大輔選手の光源氏もおおいに期待。

演出の宮本亜門さんも大好きな演出家なので、個人的には大変私好みの企画です。
出演者の顔ぶれから ミュージカル仕立てとなるのでしょう。
果たして、高橋選手も歌うのかしら?

現在 先行抽選の受付中
公演は7月26日、27日、28日 の 昼夜2回、計6公演 です。

チケット争奪戦は必至ですね

| | コメント (0)

2019年2月15日

新生 浅田真央ツアー と氷艶

いよいよ今週末の宮城公演から 2019年の浅田真央サンクスツアーが始まります
今年のツアー日程はこちら

そして、今朝未明に浅田真央さんがインスタグラムで 今井遙さんが新メンバーに加わったことの報告がありました。

昨年のツアーでメンバーから離れた 姉・舞さんに代わるメンバーだと思います。

今井さんがそのまま舞さんのパートを受け持つのか、演目・構成に変更があるのか、やはり今年も観に行きたい気分が増々強くなっています。

しかし、今年もチケットの入手はなかなか厳しい
関東圏の最初の公演 3月の前橋公演の先行抽選はものの見事に外れてしまいました。

入場時に本人確認書類の提示や同時入場等規制が厳しくなり、少しはチケットがとりやすくなったかな?と期待したのですが、今年もチケット獲りにがんばらないといけないようです。

フィギュアスケート繋がりで、1昨年歌舞伎とフィギュアスケートのコラボが実現した 氷艶
特に歌舞伎の新しい可能性を感じた興業でした。

その氷艶になにやら動きがあるようで、公式サイトがカウントダウンを始めています。
素敵な発表があるといいですね。

| | コメント (0)

2019年2月 7日

18年度フィギュアスケート全中

今年も 長野 ビックハットで開催された フィギュアスケート全国中学校大会 を観戦してきました。

今大会の目玉は男子で、佐藤駿選手(3年 埼玉栄) と 鍵山優真選手(3年 六角橋中)が優勝候補筆頭

佐藤選手は中学生ながら4回転ジャンプもプログラムに入れていて、年末の全日本でも決めていました。
一方の鍵山選手はトリプルアクセルが最高難度のジャンプで、ジャンプ構成では佐藤選手に分がありますが、ミスが少なく、GOE(加点)と演技構成点で得点を稼ぐことができます。

ここに 同じ中3でトリプルアクセルに挑戦し続ける吉岡希選手や中1ながら4回転ジャンプに挑む 三浦佳生選手のほか、昨年も入賞した 片伊勢武選手、志賀海門選手らも加わります。
中学生の大会ながら、充実した顔ぶれが揃いました。

ところが、ショートプログラムで鍵山選手がトリプルアクセルをシングルにしてしまう痛恨のミス
1位佐藤選手、2位鍵山選手でその差は約2.5
さらに トリプルアクセルに挑んだ 三浦選手と吉岡選手が鍵山選手から3点ビハインドで追う展開

続きを読む "18年度フィギュアスケート全中"

| | コメント (0)

2018年12月25日

来年も大ちゃんがいる

フィギュアスケート全日本 男子シングルは宇野昌磨選手の3連覇で幕を閉じた

4年ぶりの復帰で注目を集めた大ちゃんこと高橋大輔選手はフリーでジャンプのミスが続き4位、総合2位の表彰台となった

最近成功するようになった4回転ジャンプに挑んだが、失敗
その影響か、プログラム後半には失速する形となった。
ただ、持ち味のステップ、そしてスピンで確実に点を積み上げた

おめでとうございます。

復帰を決めてからの短い期間、途中怪我もあったりしたのによくぞここまで戻してきました。
本人も認めているように、4回転ジャンプを入れてのプログラムを完成するにはまだ練習量が足りていなかったようですね。

余りに普通に第一線に戻ってきたので忘れがちになりますが、4年間のブランクですよ
自分に置き換えても、4年前のことを同じにできるかというと、体力的はもちろんメンタル(集中力、根気力)でとてつもないことだと感じる

やはり試合は別物でしたね。フリーの後半はスタミナ切れ
ステップ・コレオの見せ場は外さない意地は強く感じたし、やはり一級品でした。
このクラスのステップ・コレオが出来る選手が何人いるのだろうか・・・

表彰台・世界選手権代表を狙う 田中選手、友野選手にも4回転ジャンプに加え複数のミスがあったことから逆転にはならなかった

続きを読む "来年も大ちゃんがいる"

| | コメント (0)

2018年12月24日

花織選手 と 馨選手

昨晩の フィギュアスケート全日本女子では、坂本花織選手が初優勝
おめでとうございます。

前年と同じ重圧のかかる最終滑走だった坂本選手

ショート5位の紀平選手がトリプルアクセル2本を決めて高得点を出し首位にたった後、
直前を滑ったショート1位の宮原選手もジャンプのミスはあったものの、高得点の2位

ジャンプが得意とはいえ、1本のミスも許されない状況下で、今年も前大会同様神演技をみせてくれました。

ゆったりと入った序盤から徐々に氷上にスピード・重厚感が増していくのがTV画面を通じてもわかり、終盤のコレオシークエンス・ジャンプは会場が一体となっていました。

凄い素敵な演技で、スパイラルの美しさとコレオシークエンスのプログラム内で意義を感じた秀逸演技でした。
高得点間違いなしの演技で、ノーミスだったショートの得点も合わせて、これで優勝できなければ・・・と誰もが興奮してしまう出来でした。

フリーの得点では紀平選手が上回りましたが、坂本選手のフリーの得点も自己ベスト
ノーミスだったショートの貯金もあり、初女王の栄冠に輝きました。

好演技の連続と納得の結果で、スカッとした良大会でした。

続きを読む "花織選手 と 馨選手"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バスケコーチMの独り言(17夏~) ♯箱根駅伝と、陸上と、、、 #スポーツ観戦席での独り言 #フィギュアスケートの観客席 #卓球 #競泳 #高校・大学バスケ #高校野球 #体操 湘南大好き♪ 藤沢♪ ♪茅ヶ崎・寒川 ♪鎌倉・大船 ♪逗子・葉山 ♪平塚・二宮・海老名 ♪横浜 ♪箱根・小田原 その他神奈川エリア♪ あしあと in 東京♪ あしあと@沖縄♪ あしあと@関東 あしあと@勝沼・山梨 あしあと@大分 あしあと@北海道・東北 あしあと@東海 あしあと@北信越 あしあと@関西・西日本 泊まってきました♪ ∞兄貴 to 車好き 兄貴・ガールのおすすめ ヘルシオ LIFE ヘルス&ビューティー ミーな兄貴、ハーなガール ☆住んでみての独り言 我風ホームデコレーション 江戸前鮨 しおみ 応援談 ガールのてづくり バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏) バスケコーチMの独り言(13夏~17夏) コーチMの独り言(~09夏) 家つくりの独り言・ふたり言(着工まで) 建築現場レポート 仮住まい期間の記録  ガールのぼやき、兄貴の嘆き 自分メモ カテゴリーのないひとり言 グルメ・クッキング スウィーツ♪スウィーツ スポーツ 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 趣味 音楽