カテゴリー「#フィギュアスケートの観客席」の307件の記事

真央さんは唯一無二

2017年10月 2日

フィギュアスケート 関東選手権 @新横浜

P1000583週末土曜日に時間があったので、新横浜スケートセンターで開催されている フィギュアスケートの関東大会を観戦してきました。

この大会は年末に行われるそれぞれのカテゴリーの全日本選手権に出場するための第一歩

この大会の上位成績者は 東日本大会に出場し、全日本選手権を目指します。

私は大会2日目の昼、男子シニアとジュニアを観戦しました。

その後のジュニア女子、特に青木祐奈選手の復活した演技を観たかったのですが、途中で寒さに耐えきれずギブアップしてしまいました。

アイスショーではなく、久しぶりの(ローカル)大会観戦は、寒さ対策が甘すぎました。
周りはダウンコートを着ている方々のなかに、長袖1枚の私・・・・。
会場装飾や放送等機材の少ないローカル大会の寒さをすっかり忘れておりました・・・

個人的にスケート大会の生観戦は1月の全中大会以来です。
記憶にある選手も初めて見る選手もいるわけですが、外見(体格・表情)が大人びただけでなく、滑りが大きくなった選手にはハッとさせられますね。

神奈川男子の期待の鍵山優真選手がジュニア男子で優勝
3回転ジャンプが安定しただけでなく、スケーティングが随分大人びて、見ていて頼もしい。
上の大会でも是非頑張って欲しいですね。
やはり地元の選手が活躍するのはうれしいです。

ノービス時代から注目していた大島光翔選手が2位
観客を惹きこむ魅せる演技が上手い選手で、昨季は3回転ジャンプの習得が課題でした。
今大会は怪我の影響でジャンプの難度を落としたとのことですが、リンクを支配する力は流石
怪我が治ったプログラムを是非みたいと思いました。

前回の全中で観納めかと思いましたが、中学生の成長を見守るのも楽しいものです。

久しぶりに大会を生観戦すると、観戦熱に火がともる?

| | コメント (0)

2017年9月25日

高島屋限定 まおむすび

本日は 浅田真央さんの誕生日!
ツィッターでは #浅田真央誕生祭 をつけてのファンのつぶやきが日付が変ったと同時に溢れています。

そんなこの日に JA全農にいがた が 浅田真央さんの出演するCMを発表しました。
「新潟米 コシヒカリ」の新CM

会場には ケーキも準備されていたので、真央さんの誕生日に敢えて発表の日を選んだようにも感じます。

新潟米 コシヒカリ x 浅田真央 スペシャルサイト も用意されていて、Web限定CMやCMメイキングムービーも公開しています。

JA全農にいがた は 9月上旬に 新潟米のイメージキャラクターとして浅田真央さんを起用することを発表していました。
この時は今年10月に発売開始となる新ブランド米 「新之助」 についての会見の席上でした。

つまり、新之助の発売に合わせてのCMも期待してよさそうですね。

また、”まおむすび” と名付けられた 新潟米コシヒカリと浅田真央さんのコラボとしておむすびが商品化されます。
真央さんセレクトの新潟産食材を具にした 6種類の新米おむすび が10月18日から高島屋各店で発売 

スペシャルサイトで紹介されていますが、どれもおいしそうですよ♪

しかし、高島屋さん
浅田真央さんとの良い企画が続いていますね。
表だっての発表はないけど、今後の活動への伏線???
こちらも期待しちゃいますね。

| | コメント (0)

2017年9月20日

浅田真央の競技人生がわかる演技集

10月4日発売の 浅田真央さんのDVD/Blu-ray 「Smile Forever」 ですが、現在日本橋高島屋で開催中の浅田真央展で先行販売されています。
もちろん 購入してきました♪

特例で出場した2002年の全日本選手権から昨年の全日本選手権までの真央さんの演技が収録されています。

真央さん自らが選択した 演技集で、それぞれのシーズン毎に真央さんが当時を振り返ってのコメント付きです。
真央さんのプログラムはどのシーズンも素敵なものばかりですが、改めて演技集をみると本当に宝石箱のようで、どのプログラムも魅力で溢れています。

また、真央さんが心身のみならず、演技も毎年のように成長しているのが、良くわかる演技集となっています。
特に 練習拠点をアメリカに移した時、2度の五輪後に選手として更なる飛躍を遂げたことが分かります。

バンクーバー後にジャンプの矯正を行いましたが、体の変化とともにジャンプの跳び方が変わっているのがよくわかります。
またプログラムの密度がどんどん濃くなっているのも、わかってはいたものの、改めて実感します。

著作権の関係もあり、音源は新録音・再編集されていますが、TV放送の録画では消すことのできない解説がありませんので、競技会場のように集中して演技をみることができます
(観客の歓声・拍手は残っています)

多くのファンがそうであるように、私も大会毎にTV放送をせっせと録画しておりましたが、このBlu-rayがあれば、もういいかな・・と思うほどです。

浅田真央さんファンは購入して後悔のない演技集です。

DVDは2枚組
特典映像もついて 約3時間強

初回版には真央さんのイベント参加応募抽選券とフォトブックもついてきます。
トップ画像リンクの楽天ブックスでは お値段も割引きですが、まだ初回版の入手が可能のようです

| | コメント (0)

2017年9月14日

真央さんと握手

Dscf2903

ニュースにもなっていますが、本日から始まった 日本橋高島屋での浅田真央展

私、初日のオープニングに合わせて出かけてきましたが、サプライズで開場入口で浅田真央さんとお会いすることができました♪

入場者一人一人と握手をしてくださるという幸運♪

なんだか夢をみたような気持ちで・・・未だ現実だったんだよなぁ、、、と思い出しては幸せを噛み締めております。

今回は会場限定のグッズもあるというので、初日オープニングを目指しました。
開場は10時半ですが、10時過ぎには既に入場を待つ列ができていました。
予定より開場を10分ほど早め、誘導されながら8階会場へ

入場口と思われる場所の前には報道陣が遠目でもわかるくらいカメラやマイクをスタンバイ。
初日だから??と思っていましたが、まさか そこに 浅田真央さんが立っていらっしゃったなんて・・・

本の数秒の握手タイムでしたが、今思い出しても、なにがなんだか・・・
私の視界は真央さんだけで周りが全く見えていなかったです。
誰にどのように誘導されたのか、列の前の人にどのように続いていったのか、、、
入場口のパネル(トップ写真)に真央さんのサインがあったのも、再度入場口行って気づいたくらいです。

会場に入って、やっと我に返れば、目頭が熱くなり、周りの方々が涙ぐむ姿に、現実だったのね、と確信した次第です。
真央さんに ”本人かどうか” 確認した人もいたとかのエピソードもでていますが、その気持ちわかります。
そのくらいのサプライズでした。

そんな興奮の浅田真央展ですが、2014年に続く2回目の開催(過去記事はこちら)です。

続きを読む "真央さんと握手"

| | コメント (0)

2017年9月11日

フィギュアスケート ジュニアグランプリ

シニアの大会が始まる前に ジュニアのグランプリシリーズが始まっています。
ジュニアもシニアのグランプリシリーズと同じで、各大会の順位をポイントにして、上位6名がグランプリファイナルへの出場権を獲得します。

グランプリファイナルはジュニア・シニア同時開催です。
今年の会場は名古屋ガイシアリーナ。

シニアだけではなく、ジュニアも是非ともファイナルに進出し、地元開催の大会を大いに盛り上げたいところ。

ジュニアグランプリシリーズは既に3戦(オーストラリア、オーストリア、ラトビア)が終了しています。

週末のラトビア・リガ大会で、男子 須本光希選手がショート4位からほぼノーミスのフリーで逆転優勝

今季のグランプリシリーズで、日本勢初の優勝となりました。

須本選手は今年高校2年生
昨年もドイツ大会で3位、日本ジュニアで3位と着実に実績を出してきています。

今季は一段とジャンプにキレと安定感が加わり、トリプルアクセルも不安がなくなりました。
4回転ジャンプこそありませんが、ジャンプだけでなく、要素すべてにプラスのGOEを獲得できるのが強みですね。

イーグルをたっぷり見せてのフィニッシュも余韻を残す演出にストーリーを感じるし、プログラム全体がお洒落で素敵でした。

続きを読む "フィギュアスケート ジュニアグランプリ"

| | コメント (0)

2017年8月15日

浅田真央 希望の軌跡

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

浅田真央希望の軌跡 [ 浅田真央 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2017/8/13時点)

週末に届いた浅田真央さんの写真集

ソチ五輪から引退までの浅田真央さんの活躍を写真で綴る
表紙は最終シーズンとなった 2017年のフリープログラム

ページをめくると、最初に 真央さん自筆のサインとありがとうの文字
続いて巻頭インタビューは ”ファンのみなさんが、私のパワーの源でした”

このインタビューでは復帰から引退に至るまでの真央さんのスケートへの姿勢・意気込み・悩みが語られています。
最後の全日本は初めて自分から逃げようとした試合だったとのコメントもあり、ファンも当時を思い出して胸が痛くなります。

また、復帰後のプログラムで表現面で意識していた点も触れています。

ただ、真央さんが言う ”自分の技術は今のスケート界には通用しない”はショックな言葉でした(ファンとしては 「真央さんの」トリプルアクセルに異常に厳しいジャッジ基準が異様に感じましたが。。。)

写真集の後半はデビューからの真央さんですが、表彰台やフィニッシュポーズの写真が多く幸せそうな笑顔にこちらも当時の喜びが思い出されます。

THE ICE の名場面集もありました。

ソチ五輪直前には 浅田真央 夢の軌跡 という写真集が発売されました。

018d5062c89799397bf2c688e6e4acc6c48夢の軌跡・希望の軌跡を合わせてみると 浅田真央さんの競技人生を網羅してくれます。
帯のコメントも 夢の軌跡がソチ五輪への決意、希望の軌跡がファンへの感謝、とファン思いの真央さんらしいです。

9月13日の日本橋高島屋を皮切りに来年4月にかけて全国の高島屋で「美しき氷上の妖精」と題した浅田真央展が開催されます。
高島屋の特設サイト

ソチ五輪後に高島屋で開催された浅田真央展も素晴らしく評判の展覧会でした。
私は 日本橋・横浜・新宿と3会場、出掛けました。
その際 写真集から写真が多く採用されていましたので、今回の真央展も楽しみですね。

| | コメント (0)

2017年8月 5日

the One and Only

Dscf2820浅田真央さんの アイスショー THE ICE に行ってきました。

4月の引退後、スポンサー企業のイベント以外露出のなかった真央さん

ファンが待ちに待った THE ICE です。

公演の内容はニュースやSNS等で取り上げられています。
そのとおりなんですが、とても言葉で表現するだけでは語りつくせないアイスショーです。

THE ICEは今年で11回目
私は2011年から観に行っていて、毎年公演後には前年を上回る企画に唸ってきましたが、今年は本当に特別

真央さんの引退を受けて、
”Mao Tribute” 
”真央尽くし”

多くの場面で登場する真央さんの 圧倒的存在感

決して、他のスケーターが引き立て役になっている訳ではない。
それぞれにスケーターのカラーが引き立つ配役となっていて、群舞の時は真央さんもその存在感を消して一帯感がある素晴らしい見応えある群舞となっています。
その中で、真央さんのソロパートになった途端 自身から放たれるオーラーの凄さ

それがアイスショーの始まりから終わりまで続くのですから、改めて”スケーター浅田真央”の凄さを感じました。

MCが フィナーレで ”the One and Only (唯一無二)”と真央さんをコールしていましたが、まさにその通り
アイスショーに集ったファン全員が 真央さんの特別感を感じたのではないでしょうか。

本当に最後まで 真央さんマジックにかけられたような3時間でした。

続きを読む "the One and Only"

| | コメント (0)

2017年7月28日

浅田真央 スケーティングミュージック


初めて 浅田真央さんのCDを購入しました

浅田真央さんのCDと言っても、真央さんが歌ったりしているのではなく、真央さんが使用した曲を集めたもの

今までもシーズン毎に 真央さんの使用曲としてCDは発売されていましたが、引退発表後の今回は今までの使用曲の中から選曲したベストアルバムとなっています。

バンクーバー五輪の鐘、仮面舞踏会、ソチ五輪のピアノ協奏曲2番、ノクターンを始め、愛の夢、蝶々夫人、チャルダッシュ、幻想即興曲などなど浅田真央さんの代表作品となったもの15曲が収録されています。

クラシック音楽としても有名どころばかりです。

今週末から始まるアイスショー THE ICEで使用する ラフマニノフ エレジー と Wind Beneath My Wings も入っています。
曲そのものも素敵なので、その曲を使って真央さんがどんな世界を作り上げるか楽しみでしかありません。

また、今年のTHE ICE は今までにないものを作り上げているとの関係者のコメントもあり、ワクワク感が急上昇中です。

Dscf2805先行予約特典には ミニうちわがついていました。
アイスショーに持参するつもり(ウフっ)

| | コメント (0)

2017年7月24日

中日新聞社 浅田真央 報道写真集

7月14日が発売日だったので、1週間遅れて我が家にも届きました。
浅田真央さんの 報道写真集

発行元は中日新聞社
真央さんの地元で、関東の新聞社とは違った切り口/ボリュームでフィギュアスケートを報道する新聞社

紙質は薄く、ツヤ感のない写真ですが、写真の選択は凄く良くて、真央さんらしさを感じられる魅力溢れる写真ばかりです。

特例で全日本選手権に出場した2002-03年のシーズンから引退までの真央さんの大会(競技)・アイスショー(エキシビション)の写真
大会は偏りなく網羅していて、アイスショーは THE ICEが多いです
中には、目にすることの少なかった衣装もあったりします。

古い写真は若干粗かったり、ピンボケ気味もありますが、良い写真ばかり選択されています。
以前スポニチのカメラマン長久保豊氏が、「カメラが浅田真央さんに恋をした」と題したコラムで、真央さんにはカメラのピントの合う確率合焦率が他の選手と違う。被写体としての体の細かなブレが少ない、と紹介していた
そして、真央さんに恋したカメラは自分の物だけでなく、他の記者さんのカメラもそうだと。
そのコラムをおもいださせるような美しい瞬間を切り取った写真ばかり

記事は少なく、中日新聞に掲載されたものが、そのまま抜粋して取り上げられています。
中日新聞は未読なので、初めて目にする記事で個人的には楽しめました。

真央さん引退直後の写真集(Number、サンデー毎日)とは違った目線での写真集で、どの時代からの真央ファンでも懐かしくなったり、知らなかった1枚を見つけて嬉しくなるであろう写真集です。

特に、多くのファンが好きな真央さんのスパイラルの美ポジション
その写真が多数掲載されているのもうれしい限り。
一方で回転の影響で顔が歪んでしまうジャンプ中の写真は2枚しかなかった。

この写真集をみていると、真央さんの表現力の素晴らしさから目を逸らすことができません。
それぞれの写真が醸し出す印象の多様さといったらありません。
いったい、何人の役を演じ切ったのか、と思います。

現役時代マスコミはジャンプの写真ばかり採用していたのは、真央さんの圧倒的な表現力をごまかしたかったから?などと邪推してしまいそうです。

この写真集はアマゾンのみでの取り扱いです。浅田真央報道写真集
真央ファンは入手して後悔することはない1冊です。

現在在庫切れ(入荷時期未定)で、受注後キャンセルもありうるとの注意書きがでています一部ではプレミアムがついて再販されているようです。

| | コメント (0)

2017年7月12日

鉄拳 作 SLIDE フルバージョン公開

鉄拳さんのパラパラ漫画を使った動画は ”振り子” が有名ですが、ソチ五輪後に発表された ”SLIDE” は 浅田真央さんからインスピレーションを受け 是非作品にしたいと作られたもの

SLIDEは2015年にショートショート フィルム フェスティバル & アジア話題賞を受賞し、浅田真央さんをモデルにしていると話題になりましたが、今までショートバージョンとして一部しかネット上には公開されていませんでした。

私も4月の浅田真央さんの引退発表時は心が揺れて、心を落ち着かせるためにもSLIDEを観たいとフルバージョンを探しました。
しかし検索ででてくるのはショートバージョンばかりで、フルバージョンは映画祭限定公開なのかと勿体なく思っていました。

去る7月6日~9日仏パリにて開催された「Japan Expo2017」にて、SLIDEがプレミアム上映され、多くの賞賛を得たとのニュース

そして、Youtube 鉄拳さんの公式チャンネルに SLIDE フルバージョンが公開されました。

鉄拳さんは バトミントン女子の奥原選手を題材にした作品も発表しています。
鉄拳さんの作品は、どれも 心が締め付けられる場面がありながら最後はほんわかする気持ちになり、時に涙がでそうになる作品ばかりです。
今後の作品も楽しみです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バスケコーチMの独り言(17夏~) | ♯箱根駅伝と、陸上と、、、 | 湘南大好き♪ 藤沢♪ | ♪茅ヶ崎・寒川 | ♪鎌倉・大船 | ♪逗子・葉山 | ♪平塚・二宮・海老名 | ♪横浜 | ♪箱根・小田原 | 湘南・神奈川大好き♪ | #観戦席での独り言 | #フィギュアスケートの観客席 | #卓球 | #競泳 | #高校・大学バスケ | #高校野球 | #体操 | お出かけ後のふたり言 | お出かけ~東京編 | あしあと@沖縄♪ | あしあと@勝沼・山梨 | あしあと@大分 | あしあと@東北 | あしあと@東海・北信越 | あしあと@関西・西日本 | 泊まってきました♪ | ∞兄貴 to 車好き | 兄貴・ガールのおすすめ | ヘルシオ LIFE | ヘルス&ビューティー | ミーな兄貴、ハーなガール | ☆住んでみての独り言 | 我風ホームデコレーション | 江戸前鮨 しおみ 応援談 | ガールのてづくり | バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏) | バスケコーチMの独り言(13夏~17夏) | コーチMの独り言(~09夏) | 家つくりの独り言・ふたり言(着工まで) | 建築現場レポート | 仮住まい期間の記録  | ガールのぼやき、兄貴の嘆き | 自分メモ | カテゴリーのないひとり言 | グルメ・クッキング | スポーツ | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽