カテゴリー「#スポーツ観戦席での独り言」の63件の記事

スポーツ全般

2018年8月 6日

桃田選手、世界選手権優勝

先週から開催されている、バドミントンの世界選手権
最終日の決勝戦で 桃田賢斗選手がストレートに勝ち
日本男子初の世界選手権優勝となりました

おめでとうございます

今大会の桃田選手は強かった
常に先手を取るゲーム展開で,相手のミスを誘い 、追い詰めてしまう
負けるイメージがわかないくらい、主導権を握った試合ばかりだった

逸材が惜しみない努力を続けると、こうも強くなるのか、との好事例ではないでしょうか!

これからも、桃田のバドミントンにこだわり、時代を作っていってもらいたいですね

| | コメント (0)

2018年8月 2日

東京男子の関東決め!

東京男子の関東決め!
練習試合の翌日30日は熱い(暑い!)一日でした。

折角、中学バスケチームの練習がオフだったのですが、こう暑くてはリラックス出来ませんね。

それならばと午後から車を飛ばして駒沢体育館にて行われた、東京都の中学バスケの四強決め(関東大会決め)を観に行きました。

都内の渋滞をかわしながら駒沢体育館に近づくと、私と同じ様に同じ様に会場に向かう中学チームやら父兄やらを沢山見かけました。

そして会場も熱気でいっぱい。

観たのは男子の4試合。勝ち上がった実践学園、日大豊山、梅丘、東海大菅生の4チームは見事関東大会出場を決めました。

またここで勝てなかった立川八、開成、高井戸、馬込の4チームも高さやスピードがあって素晴らしかったです。

この先にある関東大会の上位4チームが全国大会に出場することになりますが、東京都を勝ち抜いた4チームには全国大会まで頑張ってもらいたいですね!

| | コメント (0)

2018年7月23日

久しぶりのトワイライトゲームス

久しぶりのトワイライトゲームズ
久しぶりのトワイライトゲームズ
久しぶりのトワイライトゲームズ
昨日は久しぶりに陸上競技のトワイライトゲームスの観戦に出かけました。

この大会は関東学生陸上競技連盟が主催する大会で、今回は慶應義塾大学(日吉)で開催されました。

入場するにはチケットに応募(抽選・無料)しなければいけませんが、スタンドにこだわらなければ立ち見も出来ます。

今年は久々にチケットをゲット出来ました。受付をすませるとスポンサーからのドリンク(ビールも有り!)というのも魅力の1つ。

さて、夕方近くからの競技開始なのですが、今回は特に暑い中での観戦。関係者は汗だくでしたね。お疲れ様です。

国内一級アスリートを「間近」で観れる大会として、陸上競技ファンとしては楽しみな大会。

今回も汗を流して観戦しました。

| | コメント (0)

2018年6月30日

男子バスケ日本代表 大金星♪

01ec06a57bf6125cbc87a1d3ce2a23d0bc8

サッカーワールドカップで日本代表が決勝トーナメントを決めたその夜

バスケファンが注目するワールドカップ関連試合がありました。
北京で2019に開催されるワールドカップの アジア地区1次予選です。

相手は世界ランキング10位で既に1次予選トップ通過を決めているオーストラリアです。

日本代表(世界ランキング48位)は格上相手のタフな試合に勝利を納めました♪
おめでとうございます。

強豪相手の大金星は、日本の1次予選初勝利でもあり、何より勝ったことが極めて価値のあることでした。

日本はここまで4戦全敗
残り2試合を残し、勝利以外は予選敗退が決まる崖っぷちの状態でした。

この試合の前に日本陣営には 八村塁選手(米・ゴンザカ大) と ニック・ファジーカス選手(帰化)の加入があり、いわば新生ジャパンとして試合に臨みました。

八村選手とファジーカス選手はゴール下の攻守の強さだけでなく、得点力も非常に高い。
前半のゾーンディフェンスも上手く機能し、序盤からリードを奪えたのが大きかった。

追い詰められる場面もあったものの、最後までパワーダウンすることなく戦いきりました。
これは、大きな自信になる勝利です。

とは言っても、7月2日の最終戦の対台湾に勝利しないと予選敗退で、今回の勝利も無駄になってしまいます。
このチームならやってくれると思いますが、試合はなにがあるかわからないもの。
我が家はライブストリーミングで応援する予定です。

続きを読む "男子バスケ日本代表 大金星♪"

| | コメント (0)

2018年6月 4日

宇都宮観光2日目

宇都宮観光2日目
宇都宮観光2日目
宇都宮観光2日目
宇都宮2日目は当初の予定通り高校バスケの関東大会を観た。

会場はTKCいちごアリーナ。以前はフォレストアリーナと呼ばれていた所で、周りは緑がいっぱいです。

今回観たのはAブロック(Bブロックは栃木県体育館)の16チーム戦いで、出場校としたらインターハイ前の腕試しと言ったところでしょう。

体育館の外は快晴で、中はギャラリーが一杯。エアコンはつけていない様でしたのでかなり蒸し暑く、観ているものが辛いほどでしたからプレイヤーは更にきついことでしょう。

そして観るものを見たら帰るのみ。

帰りの東北道では館林から50分ほど気合を必要とする事故渋滞があり疲労困ぱい。

菖蒲パーキングで食べた「頑者ラーメン」でパワーを補充し、何とか帰宅できました。

段々無理がきかなくなってきたなぁ〜。

| | コメント (0)

2018年5月26日

夜もスポーツ観戦

終日の陸上の関東インカレは興奮と陽射しと風とで、家に帰ったらかなりバテバテ。

なのに、TVでバトミントンのトーマス杯と井上尚弥のバンタム級挑戦がライブ中継されることに気付いたのが運のつき

01896f85961562a2384b0f929e6fe591cad井上強かったですね~

2画面にしてバドミントンの桃田戦と一緒にみようかと思ってスタンバイしましたが、セレモニーの方が長かったくらい。

神奈川の誇りです

ほんと、カッコいい

バドミントンも前回王者で難敵のデンマークに対し、フルゲームで勝利
日曜日の決勝は中国戦

第一試合の桃田vsアクセルセン(世界ランク1位)
現在の王者を決める一戦といってもおかしくない組合せ
桃田のクレバーな戦いぶりが光ってました。

結局日付が変わるまで試合を観てしまいました。

この勢いで前々回に続く優勝を決めて欲しいです

| | コメント (0)

2018年3月31日

誰が何と言っても認める(演技を)

先日 浅田真央さんが「サワコの朝(TBS)」に出演し、採点に関して理不尽に思ったことはないかとの阿川佐和子さんの質問に 「(思ったことは)ありました」 と答える場面が放映されました。

競技生活から離れ1年になる浅田真央さん
真央さんの回答に「やっぱり・・・」と再び胸が締め付けられる思いをしたファンも多かったことでしょう。

マスコミはここまでのやり取りを取り上げ、早速ネットニュースにしていました。

しかし、私は何より重要で素晴らしいことは、「(理不尽な思いを抱いた際に) 誰が何と言っても1番だと思ってもらえる演技をしようと思った」と続けたことでした。

タイムや距離等明確で客観的な判定ができる競技とは違う採点競技
フィギュアスケートに限らず、採点方法には課題があり、万人の納得する採点はなかなか難しいのも事実
ならば、圧倒的な技とパーフォーマンスで誰もが認める(=誰にもケチをつけられない)演技をしてやろう
と考えるのはトップに立つべき選手として至極まっとうなことなのでしょう。

同様のことを スノーボードで2大会連続五輪銀メダリストの平野歩夢選手も語っていました。
「(誰もが認める)圧倒的な勝ち方」をしたい

平野選手は今回の五輪で技の難易度や完成度では優勝したショーン・ホワイト選手を上回っていて、結果が出た際には誤審では・・・との憶測もでたほどでした。
しかし、平野選手は得点については多くを語らず、五輪の試合を良い試合だったとコメントしたのみ。

今後増えると思われる採点競技のスポーツ
これらの発言は、後輩選手達に採点競技での心の持ち方、競技への向い方として大きなアドバイスになるのではないだろうか。

| | コメント (0)

2018年2月18日

感動のワンシーン

普段ウインタースポーツではフィギュアスケートもしくはカーリング、スキージャンプを注目していた私(兄貴)。

現在平昌で行われている冬季五輪ではやはりこの競技を注目しているのですが、今回はスピードスケートの女子500m決勝での小平選手のレースに感動してしまいました。

我ながらミーハーだなと思いつつ観戦していたのですが、世界記録を持ち、五輪連覇を期待されていた韓国のイ・サンファ選手との一騎打ちとマスコミも持ち上げていました。

とはいえ、直近のW杯で負け無しの小平選手が勝つのではと勝手に思っていましたが、五輪では思わぬ力(プレッシャー)が選手を襲い…というのはよくある話で、そうなるのは嫌だなぁと思っていました。

ですがプレッシャーに押しつぶされそうな表情だったのは前回王者であるイ・サンファの方だった。

小平選手がオリンピック記録で暫定トップに立った後にイ・サンファがスタート。相手は日本の郷選手でした。

郷選手の頑張りが目立ちましたが、結果としてはイ・サンファが2位でゴール。そしてその後の最終組を終えて小平選手の優勝、イ・サンファが2位という決着を見たのです。

歓喜に揺れた日本応援団。国旗を持った小平は颯爽とウイニングかと思いましたが、まず向かったのが泣き崩れているイ・サンファの元に健闘を称えに向かったのです。

聞けばこの2人は親友だったんですね。ニュースなどの情報を見ると、この関係はお互いの家に招待したりするほどの良い関係だったと聞きます。

政治的な関係で日韓関係は仲の良くないもの、反発するものの様な表現が氾濫していますが、そんな中でこの2人が肩を抱き寄せてウイニングランをする姿は本当に胸をうちました。

お互いをよく知ること。尊敬すること。称えあえること。国家間の関係もこうなってもらいたいなと思うワンシーンでした。

| | コメント (0)

2018年2月15日

2大会連続 銀!平野歩夢選手

昨日もオリンピックで日本人選手が活躍しましたね。

スノーボードハーフパイプで平野歩夢選手が2大会連続の銀メダル
ノルディック複合ノーマルヒルで 渡部暁斗選手も2大会連続の銀メダル
スピードスケート女子1000Mでは 小平奈緒選手が銀、高木美保選手が銅 

おめでとうございます♪

ほかにも
女子アイスホッケーが韓国戦を4-1で勝利し、五輪初勝利
カーリングでは男女ともに初戦を勝利で幸先良いスタート
と話題の多い1日でした。

午前中に行われた スノーボードハーフパイプでは平野歩夢選手が魅せてくれました
大技 2連続の4回転を決め、米国のショーン・ホワイト選手が転倒した時は 平野選手の優勝かと思いました。

しかし、ホワイト選手が最終演技で今まで決めたことのない4回転の連続技を決めたのは見事でした。

平野選手の活躍で スノーボードハーフパイプに興味を持った日本人も多かったのではないでしょうか。

非常にかっこよかったですよね。

続きを読む "2大会連続 銀!平野歩夢選手"

| | コメント (0)

2018年2月13日

綺麗な涙でしたね

昨日の平昌五輪

男子モーグルで 原大智選手が銅メダル

このメダルが今大会、日本チームメダル第一号となりました
おめでとうございます

続いて、同時刻に行われていた スピードスケート1500Mで 高木美保選手が 銀メダル
優勝に僅か 0.2秒差

モーグル、スピードスケートのメダルの興奮の中、見続けた 女子スキージャンプ
高梨沙羅選手が 会心のジャンプで銅メダル

直後のインタビューでの溢れる涙は本当に綺麗でしたね

永らく金メダルを期待されて、プレッシャーも多かったであろう 高木選手と高梨選手
多くを背負ってのレースに見事期待に応えてくれました

力を出し切った満足感と、金メダルに届かなかった悔しさと、様々な感情が入った綺麗な涙でした

また、スキージャンプではメダル候補でもあった伊藤有希選手
今大会では本当に風に恵まれず、残念でした
高梨選手のメダルを喜ぶ涙も、自分のジャンプを語る悔し涙も、こちらも綺麗でした

これからも日本人選手の活躍を期待しております

フィギュアスケート団体では、アメリカ女子の長洲未来選手が五輪史上3人目となる女子でトリプルアクセルを決めました
完璧なジャンプで、加点が1.57もつきました
未来ちゃん、おめでとう


| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

バスケコーチMの独り言(17夏~) | ♯箱根駅伝と、陸上と、、、 | #スポーツ観戦席での独り言 | #フィギュアスケートの観客席 | #卓球 | #競泳 | #高校・大学バスケ | #高校野球 | #体操 | 湘南大好き♪ 藤沢♪ | ♪茅ヶ崎・寒川 | ♪鎌倉・大船 | ♪逗子・葉山 | ♪平塚・二宮・海老名 | ♪横浜 | ♪箱根・小田原 | その他神奈川エリア♪ | あしあと in 東京♪ | あしあと@沖縄♪ | あしあと@関東 | あしあと@勝沼・山梨 | あしあと@大分 | あしあと@東北 | あしあと@東海 | あしあと@北信越 | あしあと@関西・西日本 | 泊まってきました♪ | ∞兄貴 to 車好き | 兄貴・ガールのおすすめ | ヘルシオ LIFE | ヘルス&ビューティー | ミーな兄貴、ハーなガール | ☆住んでみての独り言 | 我風ホームデコレーション | 江戸前鮨 しおみ 応援談 | ガールのてづくり | バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏) | バスケコーチMの独り言(13夏~17夏) | コーチMの独り言(~09夏) | 家つくりの独り言・ふたり言(着工まで) | 建築現場レポート | 仮住まい期間の記録  | ガールのぼやき、兄貴の嘆き | 自分メモ | カテゴリーのないひとり言 | グルメ・クッキング | スポーツ | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽